2018/09/13 22:12

『ゴーストバスターズ』監督、ミステリー作品への挑戦を語る

『ゴーストバスターズ』などのポール・フェイグ監督
『ゴーストバスターズ』などのポール・フェイグ監督

 映画『ブライズメイズ 史上最悪のウェディングプラン』『ゴーストバスターズ』などのポール・フェイグ監督が、新作『ア・シンプル・フェイヴァー(原題) / A Simple Favor』について、9月10日(現地時間)、ニューヨークのAOL開催イベントで語った。

 本作は、作家ダーシー・ベルの小説「ささやかな頼み」を映画化したミステリー。シングルマザーのステファニー(アナ・ケンドリック)は、同じ幼稚園に子供を通わせているファッション業界で働くエミリー(ブレイク・ライヴリー)と友人になるが、ある日エミリーはステファニーに息子を預けたまま引き取りに現れず、失踪してしまう。ステファニーは真相を探るべく自身が運営する育児ブログで情報提供を呼びかけていく。

 映画化の権利をめぐってハリウッドで争奪戦が行われ、Fox 2000が獲得。その後、Fox 2000はテレビシリーズ「アメリカン・ホラー・ストーリー」の脚本家ジェシカ・シャーザーを雇い、脚色させたという本作。当初、フェイグ監督には製作のみのオファーだったそうだ。「僕のもとに届いた脚本の内容は、頭が混乱してしまうくらい、コメディー、ドラマ、スリラーなど、さまざまなジャンルが含まれていたんだ。Fox 2000はそんな作品を僕に製作だけしてほしかったみたいだけど、脚本を読んで気に入ってしまった僕は、監督をしてみたいと思ったんだ。これまでずっとヒッチコック調のスリラー作品を作りたいと思っていたからね」。ちなみに、作家パトリシア・ハイスミスなどのスリラー小説が好きなのだとか。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

仲のいい友達に囲まれて、平凡だけど幸せ気分。困っている人が...もっと見る >