2018/09/17 14:00

Netflixで配信へ スティーヴン・ソダーバーグがNBAの世界描く映画

スティーヴン・ソダーバーグ David M. Benett / Dave Benett / Getty Images for Studio Canal
スティーヴン・ソダーバーグ David M. Benett / Dave Benett / Getty Images for Studio Canal

 映画『オーシャンズ』シリーズや『トラフィック』などのスティーヴン・ソダーバーグが手掛けた、NBAの世界が題材の映画『ハイ・フライング・バード(原題)/ High Flying Bird』の世界配信権を、Netflixが獲得したとDeadlineが報じている。

 本作は、スポーツエージェントが、ルーキーのバスケットボール選手に興味深いビジネスの提案をするという内容。製作を、『アンセイン ~狂気の真実~』でソダーバーグ監督とタッグを組んだジョセフ・マロックが担当し、脚本を『ムーンライト』で製作総指揮・原案を担当したタレル・アルヴィン・マクレイニーが執筆している。

 テレビシリーズ「The Knick/ザ・ニック」のアンドレ・ホランドが主役のスポーツエージェントに、映画『デッドプール 2』のザジー・ビーツがそのエージェントの右腕、テレビシリーズ「フリーキッシュ 絶望都市」のメルヴィン・グレッグがルーキーのバスケットボール選手役を演じる。

 近年、スタジオのシステムをあえて避けて、映画を製作してきたソダーバーグ監督だが、今作で初めてNetflixとタッグを組むことになった。世界配信は来年予定。 (細木信宏/Nobuhiro Hosoki)

【関連情報】
【写真】バスケ上手すぎな爺さん軍団描く新作映画
Netflix初のベネチア金獅子賞!アルフォンソ・キュアロン監督がもたらす
ヤクルトが海外でバカ売れ!Netflix映画『好きだった君へのラブレター』効果
ソダーバーグ監督、引退撤回作で来日!日本映画からの影響語る
ソダーバーグ流映画の作り方&スタジオに頼らない新たな映画ビジネスとは?
「Netflixルーム」がJOYSOUND渋谷南口駅前店に登場

今日の運勢

おひつじ座

全体運

家で好きなことに没頭しよう。ペットと遊べば時間を忘れそう。...もっと見る >