2018/09/15 09:12

『ヴェノム』はR指定じゃない!スパイダーマンとも共演しやすいPG13

『ヴェノム』で主演を務めるトム・ハーディ Matt Winkelmeyer / Getty Images
『ヴェノム』で主演を務めるトム・ハーディ Matt Winkelmeyer / Getty Images

 スパイダーマンの宿敵が主人公の新作映画『ヴェノム』のアメリカにおけるレイティング(年齢制限)が、PG-13に決まった。現地のオフィシャルサイトにて確認することができる。

 PG-13は、13歳未満の鑑賞には保護者の同意が必要なレイティングで、対象年齢以下の観客に対する拘束力がない。そのため大作のアメコミ映画はこのレイティングで製作されることが一般的。20世紀フォックスの『デッドプール』『ローガン』はR指定で製作され、大ヒットを記録したことで大きな話題を呼んだ。

 ヴェノムは、マーベル屈指の人気キャラクターの一人だが、凶悪な性質をそなえたアンチヒーローでもある。本作の予告編でも、直接的でははないが、容赦なく人間を襲って食らう様子が描写されている。

 それでも『ヴェノム』の製作・配給を手掛ける米ソニーがPG-13を狙った理由について、Fandango編集長のエリック・デイヴィス氏は、スタジオ関係者の証言として、将来的な『スパイダーマン』シリーズとのクロスオーバーを見定めたものだとTwitterで指摘している。また、ディズニーが展開するマーベル・シネマッティック・ユニバース(MCU)にヴェノムが参加できる可能性も高くなるだろう。凶悪なヴェノムの戦いをいかにPG-13で描くのか。『ゾンビランド』などを手掛けたルーベン・フライシャー監督の手腕に期待がかかる。

 ヴェノムとなる主人公エディを演じるのは『マッドマックス 怒りのデス・ロード』のトム・ハーディ。そのほか、『グレイテスト・ショーマン』のミシェル・ウィリアムズ、『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』のリズ・アーメッドらが共演する。全米では10月5日より公開。日本では11月2日公開を予定している。(編集部・入倉功一)

【関連情報】
人間食べてるけど…『ヴェノム』新予告編
『マッドマックス』トム・ハーディ、自身が逮捕した若者を支援
『ヴェノム』トム・ハーディ、スパイダーマンとの対決にも意欲
『スパイダーマン』新たなスピンオフ始動!主演はジャレッド・レトー
ジェームズ・ボンド7代目はトム・ハーディが理想!ピアース・ブロスナンが激オシ
アベンジャーズ4再撮影がスタート 結末を撮るのはこれから?

今日の運勢

おひつじ座

全体運

伝統にまつわることにツキがあります。神社や仏閣に参拝したり...もっと見る >