2018/09/19 23:01

「ゲーム・オブ・スローンズ」ティリオン俳優、エル・ファニングと共演の主演作を語る

左から、リード・モラーノ監督と俳優のピーター・ディンクレイジ
左から、リード・モラーノ監督と俳優のピーター・ディンクレイジ

 今年のサンダンス映画祭で審査員賞を獲得した話題作『アイ・シンク・ウィアー・アローン・ナウ(原題) / I Think We’re Alone Now』について、リード・モラーノ監督と俳優のピーター・ディンクレイジが、9月13日(現地時間)、ニューヨークのAOL開催イベントで語った。

 本作の舞台は、街中に遺体が散乱した、人類が死滅しかかっている世界。自分一人だけが生き残っていると信じていたデル(ピーター)は、もう一人の生き残りの女性グレース(エル・ファニング)に遭遇したことで、彼だけだった世界が崩れていくことになるというSF調の作品。長年撮影監督を務め、人気ドラマ「ハンドメイズ・テイル/侍女の物語」でも監督を務めたリード・モラーノがメガホンを取った。

 「ハンドメイズ・テイル/侍女の物語」も、今作と同様に近未来のディストピアの世界が描かれているが、「トーンも異なっているし、どこか不思議と今作の方が現実に起こり得るシナリオ構成になっていると思う」とモラーノ監督は相違点を語る。「わたし自身は、どんなストーリーであっても、人間の振る舞いや行動を観察できるようなストーリーが好きなの。今作では特に二人の全く異なった心理を研究できる点が興味深かったし、人類が滅亡しかけている世界でどうすれば良いのか、どうやって人とつながれるのか、という点にも惹かれたわね。何よりもこれまで描かれてきた世紀末もの(荒廃した世界で人々が対立するさまなどを描いた作品)とは異なっていた点が良かったわ」。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

家でゆっくり過ごしたい日。部屋の模様替えをしたり、手料理を...もっと見る >