2018/09/20 22:46

ケニー・ロギンス、『トップガン』の主題歌は偶然だったと明かす

数々の映画主題歌が大ヒットしたケニー・ロギンス
数々の映画主題歌が大ヒットしたケニー・ロギンス

 楽曲「フットルース」「デンジャー・ゾーン」などの映画主題歌の世界的大ヒットで注目を浴びたケニー・ロギンスが、9月17日(現地時間)、ニューヨークの3 West Clubで行われたハドソン・ユニオンのイベントで、自身の人生を振り返った。

 ケニーは、1948年にワシントン州エベレットで生まれ、旧友ジム・メッシーナとデュオ、ロギンス&メッシーナを結成。「シンキング・オブ・ユー」「ママはダンスを踊らない」などのヒット曲を生む。1977年にソロデビューした後は、スティーヴィー・ニックス、スティーヴ・ペリーなどのアーティストと組む中、マイケル・マクドナルドとのコンビで「ホワット・ア・フール・ビリーヴス」「ディス・イズ・イット」などの楽曲を共作。1980年代に入ると「フットルース」「デンジャー・ゾーン」「心の夜明け」などの映画主題歌で大ヒットを飛ばした。その後も、子供向けのアルバムを制作するなど、独自の活動を続けている。
 
 最初に手掛けた映画のサントラは、バーブラ・ストライサンド、クリス・クリストファーソン共演の映画『スター誕生』。バーブラと映画プロデューサーのジョン・ピーターズがカップルだった当時、二人が手掛けた作品だという。「バーブラは、この映画のサントラを手掛けるために、自分が好きなミュージシャンたちに連絡を取っていたんだ。彼女から、『わたしの映画のために、作曲してくれない?』と言われてね。バーブラのような歌手から電話を受けるなんて光栄なことで、とてもクールだと思ったよ。その後、自宅に呼ばれ、彼女と2、3日共に過ごし、いくつか楽曲を聴いてもらったんだ。彼女は、その中から『愛を信じて』(原題『I Believe In Love』)を選んでくれたよ」。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

プライベート運が好調。ホームパーティーを開いて仲間を招くと...もっと見る >