2018/09/20 08:00

草なぎ剛の父親姿!映画『まく子』場面写真公開

微妙な距離感が気になります (C) 2019「まく子」製作委員会/西加奈子(福音館書店)
微妙な距離感が気になります (C) 2019「まく子」製作委員会/西加奈子(福音館書店)

 直木賞作家・西加奈子の著書「まく子」を映画化した作品の場面写真が公開された。草なぎ剛は本作で主人公の父親・光一を演じている。

 子役出身の山崎光が14歳にして映画初主演を務める同作で草なぎは、女の人が大好きなダメな父親だが、息子・慧(山崎)の成長を陰ながら見つめ、背中をそっと押す父という役どころを担当。光一が慧とおにぎりをはさんでテーブルに座っている写真や、思春期の息子を温かく見守る慧の母・明美(須藤理彩)とともに何かを見上げている写真などが公開された。

 場面写真とともに公開された映画の第1弾チラシの表面には、著者の西がインスピレーションで描き、原作本の表紙にも登場していた「猿」が使用されている。

 本作は小さな温泉街に住む小学5年生の男の子・慧が、不思議な魅力をもつ美少女で転入生のコズエ(新音)と出会うことから始まる「奇跡」の物語。思春期ならではの葛藤や、親と子の確執と再生を映し出す。メガホンを取ったのは『うつろいの標本箱』などの鶴岡慧子監督。2019年3月の公開を予定している。(編集部・海江田宗)

【関連情報】
映画『まく子』公式サイト
【写真】映画『まく子』場面写真
草なぎ剛、鉄コンスタッフ新作アニメ『ムタフカズ』の声優に決定
『クソ野郎と美しき世界』完全受注生産でDVD&ブルーレイ化!
稲垣・草なぎ・香取『クソ野郎』第2弾の製作決定!
草なぎ剛主演でフェリーニ『道』日本初の舞台化

今日の運勢

おひつじ座

全体運

仲のいい友達に囲まれて、平凡だけど幸せ気分。困っている人が...もっと見る >