2018/09/24 16:20

宮沢りえがケイト・ブランシェットの吹き替え 高山みなみ&松本梨香の共演秘話も

プロの声優に尊敬と憧れ
プロの声優に尊敬と憧れ

 女優の宮沢りえが、映画『ルイスと不思議の時計』(10月12日公開)でケイト・ブランシェット演じる魔女ツィマーマンの日本語吹き替え声優を務めることが24日、都内ホテルで行われた日本語吹き替え版完成会見で発表された。白のロングドレスで登場した宮沢は「大好き」というブランシェットの演技に心を乗せる作業は「エキサイティングだった」と語りつつも、自分の足りなさも実感したと自己評価していた。

 これまでも数々の作品で吹き替えの経験がある宮沢だが、その都度「私たち役者と声優さんでは使う筋肉が違う」と感じていたようで、本作でもプロの声優たちの技術に尊敬と憧れを抱いたという。それでも宮沢は、低音のブランシェットの声を意識し、いかに違和感なく感情を込めて伝えることができるかにチャレンジした。

 会見には宮沢のほか、ジョナサン(ジャック・ブラック)役の佐藤二朗、タービー役の松本梨香、ローズ役の矢島晶子、主人公ルイスの母親役の本名陽子も出席したが、宮沢の声の演技を聞いた松本が「別人でしたね」と称賛すると、佐藤も「そこまでいろいろ考えてやられていたなんて……僕はあまり何も考えずにやっていました」と反省していた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気いっぱい。行動的になればなるほど、ツキがまわってくるの...もっと見る >