2018/09/24 08:15

注目俳優・横浜流星が選ばれる理由!映画『愛唄』プロデューサー語る

映画『愛唄 −約束のナクヒト−』より (C) 2018「愛唄」製作委員会 配給:東映
映画『愛唄 −約束のナクヒト−』より (C) 2018「愛唄」製作委員会 配給:東映

 映画『兄友』『honey』『虹色デイズ』など話題の映画に次々に出演している横浜流星。そんな横浜が主演する映画『愛唄 −約束のナクヒト−』(2019年1月25日公開)のプロデューサーである小池賢太郎が横浜の魅力を語った。
 
 昨年ヒットした音楽グループGReeeeNの誕生秘話を描いた『キセキ −あの日のソビト−』に続き、GReeeeNの名曲を映画化する『愛唄 −約束のナクヒト−』。今作は、恋する勇気を持てないまま大人になった主人公のトオル(横浜)が、余命わずかと宣告されながらも、友と詩との出会いにより、生きる意味を見つけていく姿が描かれる。

 プロデューサーの小池は、キャスティングについて「横浜さんは強さの中に、ピュアな印象があって。『キセキ』ではピアノが得意な歯医者の息子のナビを演じてもらいましたが、ナビの明るくも真面目で純朴なイメージが、『愛唄』の主人公・トオルとも結びついて。GReeeeNさんとも意見が一致したので、決まりました」と語る。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

不安から暴走してしまうかも。自分がダメだと思ったら、親しい...もっと見る >