2018/09/21 06:00

稲垣吾郎『半世界』&『愛がなんだ』コンペ部門に選出!東京国際映画祭【第31回東京国際映画祭】

『半世界』より (C) 2018「半世界」FILM PARTNERS
『半世界』より (C) 2018「半世界」FILM PARTNERS

 稲垣吾郎が主演する映画『半世界』(阪本順治監督、2019年2月公開)と、岸井ゆきのと成田凌が共演する『愛がなんだ』(今泉力哉監督、2019年春公開)が、10月25日に開幕する第31回東京国際映画祭のコンペティション部門に選出された。

 映画祭の顔となるコンペティション部門は、今年1月以降に完成した長編映画を対象に、世界109の国と地域、応募作品1,829本の中から厳選した16作品を上映。日本映画2作の『半世界』と『愛がなんだ』の選定理由については、「『半世界』は阪本順治監督のオリジナル脚本が素晴らしく、3人の友情物語を軸に、複数のエピソードを交えながらやがて命の通った夫婦のドラマとしても見事に結実していく」「恋愛ゲームは基盤にあるが、好きな相手に対する想いが究極の形を取るに至り、『愛がなんだ』は並の恋愛映画の枠を超えてゆく」と矢田部吉彦プログラミング・ディレクターがコメントを寄せた。また、それぞれのキャストにも触れ「自然な佇まいの稲垣吾郎は天性の映画俳優としての演技力をいかんなく発揮し、池脇千鶴が絶品の存在感で脇を固める」「コケティッシュな魅力が溢れる岸井ゆきの、ふてぶてしい説得力の成田凌の演技も特筆に値する」と評価している。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

雑誌をチェックして、映画やコンサート、アート系の展覧会に出...もっと見る >