2018/09/25 10:06

「13の理由」キャサリン・ラングフォード、アーサー王伝説の新ドラマで主演

謎の力を持つティーンのヒロイン、ニミュエ役! - キャサリン・ラングフォード Axelle / Bauer-Griffin / FilmMagic / Getty Images
謎の力を持つティーンのヒロイン、ニミュエ役! - キャサリン・ラングフォード Axelle / Bauer-Griffin / FilmMagic / Getty Images

 Netflixドラマ「13の理由」でハンナ・ベイカーを演じたキャサリン・ラングフォードが、アーサー王伝説にひねりを効かせたNetflixの新ドラマ「カースド(原題) / Cursed」の主演に決まったと The Hollywood Reporter などが報じた。

 手掛けるのはテレビドラマ「ザ・ケープ 漆黒のヒーロー」の企画、製作総指揮を務めたトム・ウィーラーと、映画『シン・シティ』シリーズの原作者フランク・ミラー。同ドラマはウィーラーが執筆、ミラーがイラストを添えた2019年秋に出版予定の同名小説を基にした作品になるという。

 同ドラマは謎の力を持つティーンのヒロイン、ニミュエ(キャサリン)の視点で描かれる成長物語になるそう。自然界の破壊、宗教テロ、無意味な戦争、不可能を前にリーダーとして勇気を奮い立たせることなど、現代にも当てはまるテーマを取り上げる。ニミュエは、後に、アーサー王にエクスカリバー(聖剣)を渡したことで知られる“湖の乙女”となる人物だ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

面倒見がよくなっている今日のあなた。下の人に声をかけたり助...もっと見る >