2018/09/21 18:00

ライムスター宇多丸が故・森田芳光監督特集上映で全回トークショー

松田優作主演『家族ゲーム』(1983)より※カラー作品 (C)1983 日活/東宝
松田優作主演『家族ゲーム』(1983)より※カラー作品 (C)1983 日活/東宝

 2011年12月20日に亡くなった故・森田芳光監督の28作品を上映し、ラッパー、ラジオ・パーソナリティのライムスター宇多丸がトークショーを行う「2018年の森田芳光 −森田芳光全作品上映&史上初!ライムスター宇多丸語り下ろし」が、11月3日より12月16日までの毎週末、都内・新文芸坐にて行われる。

 上映されるのは、初期作『の・ようなもの』(1981)、『シブがき隊 ボーイズ&ガールズ』(1982)、『家族ゲーム』(1983)からロマンポルノ作品『(本)噂のストリッパー』(1982)、晩年の『武士の家計簿』(2010)、『僕達急行 A列車で行こう』(2011)まで。

 作品上映後、全回(27公演)にわたって宇多丸が、森田作品のプロデューサーであり監督の夫人でもある三沢和子さんを迎えて、約1時間のトークショーを実施する。チケットの一般発売は、9月22日10:00開始。宇多丸のコメント、上映作品ラインナップは以下の通り。(編集部・石井百合子)
 
<ライムスター宇多丸コメント>
2011 年に急逝するまでの約 30 年間、自主制作の実験精神を保ったまま、日本映画界のトップ監督としてキャリアを更新し続けた森田芳光。ただし、全作に彼ならではの先進的なコンセプトが込められているからこそ常にスリリングだったモリタ映画ですが、それゆえ作品によっては、時代に先駆け過ぎていたりアイデアが先走っていたりで、十分な評価や理解が得られているとは言い難いものも多々残されている、というのが現状だと思います。そこで今回の連続上映。森田作品のプロデューサーであり監督の奥様でもある三沢和子さんの貴重なお話をうかがいつつ、「今」の視点からそのフィルモグラフィを見つめ直し、前述のギャップを出来る限り埋めてゆくことで、森田芳光というこの稀有な映画作家の全体像に、改めて迫ろうという試みです。聴き手役を仰せつかり、その歴史的重責に震えております……!

今日の運勢

おひつじ座

全体運

頭を押さえつけられるような気分で、ややユウウツ。いつも通り...もっと見る >