2018/09/22 21:10

「半分、青い。」で話題の石橋静河、イラン出身監督とのコラボを振り返る

注目度急上昇中の石橋静河
注目度急上昇中の石橋静河

 NHK連続テレビ小説「半分、青い。」で話題の女優・石橋静河が21日、なら国際映画祭2018の『ペルシャからの風』トークに出席、イラン出身のアイダ・パナハンデ監督とのコラボレーションを振り返った。この日は『二階堂家物語』のメガホンを取ったアイダ監督、出演者の加藤雅也、田中要次、白川和子、そして『ペルシャからの風』の松井みさき監督も出席した。

 『あん』など世界的に評価の高い河瀬直美監督がエグゼクティブディレクターを務める、なら国際映画祭が今年も開幕。そこで本映画祭の映画制作プロジェクト「NARAtive」の一環として制作されたのが、跡継ぎ問題に揺れる日本の名家の物語をイラン人監督の目を通じて描き出した『二階堂家物語』。そしてそのメイキング風景を追ったのが『ペルシャからの風』だ。

 そのメイキングドキュメンタリーを客席で観ていた石橋は、「わたしは現場で一人で悩んでいる気がしていましたけど、この映画を観て、地元の方やキャスト、スタッフに支えられていたということに気づきました」としみじみ語る。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

伝統にまつわることにツキがあります。神社や仏閣に参拝したり...もっと見る >