2018/09/25 20:00

『ルイスと不思議の時計』初登場1位!ジャック・ブラックが魔法使いに【全米ボックスオフィス考】

首位デビュー - 映画『ルイスと不思議の時計』ポスタービジュアル (C) 2018 UNIVERSAL STUDIOS AND STORYTELLER DISTRIBUTION CO.,LLC
首位デビュー - 映画『ルイスと不思議の時計』ポスタービジュアル (C) 2018 UNIVERSAL STUDIOS AND STORYTELLER DISTRIBUTION CO.,LLC

 先週末(9月21日~9月23日)の全米ボックスオフィスランキングが発表され、ファンタジー映画『ルイスと不思議の時計』が予想を上回る興行収入2,660万8,020ドル(約29億円)を稼ぎ出し、初登場1位に輝いた。(数字は Box Office Mojo 調べ、1ドル110円計算)

 人気児童小説を原作に、両親を亡くし、ポンコツだが魔法使いの叔父(ジャック・ブラック)の屋敷で暮らすことになった少年ルイスの冒険を描く本作。ジャックのみならず、お隣の魔女役はケイト・ブランシェットと豪華キャストで、『ホステル』のイーライ・ロス監督がメガホンを取った。

 そのほかの初登場組は苦戦気味で、マイケル・ムーア監督のドキュメンタリー『華氏119』は興収300万8,563ドル(約3億円)で8位、テレビドラマ「THIS IS US 36歳、これから」のクリエイターが監督した『ライフ・イットセルフ(原題) / Life Itself』に至っては11位とランク外だった。『ライフ・イットセルフ(原題)』はトロント映画祭での評判が芳しくなく、それがそのまま数字につながってしまった。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

気になることがあったら徹底的に調べてみよう。周囲の人に教え...もっと見る >