2018/09/26 20:35

是枝裕和監督「人間ではないもの」を撮ることにも興味

記者からの鋭い(?)質問にも真摯に答える是枝裕和監督
記者からの鋭い(?)質問にも真摯に答える是枝裕和監督

 スペインで開催中の第66回サンセバスチャン国際映画祭で映画『万引き家族』(公開中)の是枝裕和監督とリリー・フランキーが記者会見を行った。今回、同映画祭から生涯功労賞に当たるドノスティア賞を受賞した是枝監督は受賞セレモニーで先頃亡くなった樹木希林さんを偲び、涙が止まらなくなってしまったが、会見ではいきなり「三池崇史監督のようなぶっ飛んだホラー映画を撮りたいと思ったことは?」という滅多にない質問が飛び出し、笑いの絶えない場となった。

 是枝監督はまず賞を与えてくれたことへの感謝を述べると、続けて冒頭の質問に対して驚きつつも「ファミリードラマの監督として認知されていますが、自分としてはいろんなジャンルにチャレンジしたいという気持ちがあります」と可能性があることをにおわせた。

 もっとも「それはホラー映画じゃないかもしれないけど、人間ではないものを撮ることに興味があります。人間ではないものが命と心を持って、結果的には人間を考えるストーリーになるんですけど。まだちょっと実現するには時間がかかると思うので、待っていてください」と真摯に答えた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

メッセンジャー役を引受けると運気上昇。自分も、人からの紹介...もっと見る >