2018/09/28 18:05

乃木坂46齋藤飛鳥、マドンナ経験ゼロ!意外な学生時代を告白

意外な学生時代について語った齋藤飛鳥
意外な学生時代について語った齋藤飛鳥

 10月5日公開の『あの頃、君を追いかけた』で映画初出演にしてヒロイン役を務めた乃木坂46の齋藤飛鳥。同作で学校一の優等生・真愛にふんし、みずみずしい青春を全力で表現した齋藤が、自身の学生時代を振り返った。

 今回、初めての映画出演に不安を抱きつつ現場に向かったという齋藤。そんな齋藤が演じた真愛は、凛とした透明感のある美少女という役どころだ。自身は真愛とは「ほど遠い生活を送っていましたね」と笑みをこぼす齋藤からは、「中学1年生で乃木坂を始めたのであんまり思い出という思い出はないんですが、勉強は嫌いではなかったんです。でも、真愛ちゃんのようなクラスのマドンナ的な経験は一度もないですね」と意外な告白が飛び出す。

 社会現象を巻き起こすほどのヒットを記録した台湾映画をリメイクした本作では、お気楽な高校生活を送っていた主人公の浩介(山田裕貴)と真愛の恋模様と共に、同級生の仲良しグループ7人の眩くてかけがえのない青春の日々が描かれる。誰の胸にもある青春の思い出、あるいは青春への憧れを呼び起こす、そんな本作の撮影現場は齋藤にとってもキラキラと輝く思い出になったようだ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

精神的に落ち着いて過ごせる日。父親に感謝の気持ちをあらわす...もっと見る >