2018/10/05 20:22

青木崇高、『哭声/コクソン』の國村隼とは違うとアピール【第23回釜山国際映画祭】

『かぞくいろ−RAILWAYS わたしたちの出発−』ワールドプレミアに登壇した青木崇高
『かぞくいろ−RAILWAYS わたしたちの出発−』ワールドプレミアに登壇した青木崇高

 有村架純と國村隼がダブル主演を務める映画『かぞくいろ−RAILWAYS わたしたちの出発−』(11月30日公開)が第23回釜山国際映画祭「アジア映画の窓部門」に出品され、5日、ワールドプレミア上映された。満席となった会場では、吉田康弘監督をはじめ、主演の國村、青木崇高、阿部秀司エグゼクティブプロデューサーが登壇して舞台挨拶を行った。

 國村が本映画祭に参加するのは『哭声/コクソン』(2016)以来。青木が「國村さんは悪魔のような役ではなく、素敵な役なのです」と國村を紹介すると会場は笑いに包まれた。

 本作は、地方のローカル線を舞台にしたヒューマンドラマ『RAILWAYS』シリーズの第3弾。ヒロインの晶(有村)が急死した夫・修平(青木)の連れ子・駿也(歸山竜成)、まだ見ぬ義父の節夫(國村)と同居生活を始めるさまを描く。

 國村は、本作における万国共通のテーマをアピール。「人間は不器用な生き物であり、世界には社会的なトラブルがあります。そうした社会を構成する最小単位は家族。3人が一緒に暮らすことで人と人が関わり、そんな家族を通じて人と人との関わりを映画として提示するのは意義あると、脚本を読んで感じました」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

仲のいい友達に囲まれて、平凡だけど幸せ気分。困っている人が...もっと見る >