2018/10/10 11:00

スーパーヒーローの兄弟を描く!「アンブレラ・アカデミー」2019年2月Netflixで配信決定!

スーパーヒーローたち…
スーパーヒーローたち…

 女優のエレン・ペイジが出演するドラマ「アンブレラ・アカデミー」が、ストリーミングサービス大手のNetflixのオリジナル作品として2019年2月15日から配信されることが決定し、あわせて場面写真も公開された。

 本作は、解散したロックバンド「マイ・ケミカル・ロマンス」のボーカルだったジェラルド・ウェイが手がけた同名コミックを実写ドラマ化したもの。世界中で妊娠していないはずの43人の女性たちが同日同時刻に突然出産するという事態が発生し、億万長者・ハーグリーヴズ卿がそのうちの7人の子どもを引き取ってアンブレラ・アカデミーを設立。子どもたちはスーパーヒーローとして育てられたが、彼らは衝突し別々の道を歩むことに。ハーグリーヴズ卿の死をきっかけに再会した彼らが地球の危機に立ち向かう姿を描く。

 エレンは、兄弟のなかで唯一スーパーパワーを持たないヴァーニャを演じ、兄弟のリーダー的存在のルーサー役をトム・ホッパーが担当。また、タイムトラベルをして暗殺をするヘイゼル役をキャメロン・ブリットン、その相棒・チャチャ役を『マッドバウンド 哀しき友情』でアカデミー賞で助演女優賞にノミネートされたメアリー・J・ブライジが務める。

 公開された場面写真は、全体的に暗く怪しげなトーンに包まれている。年齢や見た目もバラバラなアンブレラ・アカデミーの兄弟たちが机を囲んでおり、ルーサーの身体は人一倍大きく、普通ではない様子がうかがえる。(編集部・梅山富美子)

【関連情報】
【写真】原作を手掛ける元マイケミ・ジェラルド
『JUNO』エレン・ペイジ同性婚!
米Netflix、番組のストーリー展開選べる機能提供へ
『X-MEN』監督に同性愛ばらされた エレン・ペイジ明かす
ハリウッド版デスノート、続編が進行中!
「13の理由」キャサリン・ラングフォード、アーサー王伝説の新ドラマで主演

今日の運勢

おひつじ座

全体運

集中力を発揮すると、思わぬ成果を上げられそう。何か一つ目標...もっと見る >