2018/10/11 20:44

三田佳子、京都国際映画祭に出席 『遠き落日』撮影秘話を語る

京都国際映画祭2018のアンバサダーも務める三田佳子
京都国際映画祭2018のアンバサダーも務める三田佳子

 女優の三田佳子が11日、京都で開催中の「京都国際映画祭2018」内で上映された主演映画『遠き落日』の舞台挨拶に登壇した。

 本作は、細菌学の権威として知られる野口英世の生涯を、彼を支えた母・シカとの絆を通して描いた感動作。渡辺淳一の同名小説を新藤兼人が脚色し、神山征二郎監督がメガホンを取り、1992年に公開された。三田は息子を温かく支えるシカを熱演し、日本アカデミー賞最優秀主演女優賞などを受賞した。

 スクリーンでの上映は約26年ぶり。映画祭アンバサダーを務めている三田は、先に行われたオープニングセレモニーでも「自分の芝居の熱をみなさんに改めて観ていただけることがとても嬉しいです」と喜びを爆発させており、舞台上でも満面の笑みで観客に挨拶。「16歳から亡くなるまでを演じるという、女優として滅多に出会えないこの役柄を演じられることがとても嬉しくて、絶対に演じたかった。この世に生きる人は、母から生まれている。その意味の感動がとてもすごかった。この作品で、明治に生きた女性が博士を作り出したことへの凄さを感じました」と振り返った。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

意見を押し通したくなる日。仕事面ではプラスだけど、プライベ...もっと見る >