2018/10/19 11:00

ホラー『クワイエット・プレイス』で“何か”を演じた人物が判明

“何か”を演じていたジョン・クラシンスキー Nathan Congleton / NBC / NBCU Photo Bank via Getty Images
“何か”を演じていたジョン・クラシンスキー Nathan Congleton / NBC / NBCU Photo Bank via Getty Images

 全米で大ヒットを記録し、現在、日本でもヒットしている映画『クワイエット・プレイス』で出演・脚本・製作総指揮・監督を務めたジョン・クラシンスキーが、同映画に登場する“何か”を演じていたことを、トーク番組「ジミー・キンメル・ライヴ!」で明かした。

 同番組で、ジョンは音を求めて動き回る“何か”を自身が演じていたと明かし、「僕が黙っていたから、(セットにいた人以外は)誰も知らなかった」という。彼が演じることになった経緯は、ILM(アメリカの特殊効果及びVFXの制作会社)の技術者が彼に「この“何か”がどのように動くのか」と聞いた際に、ジョン自ら、はいつくばって動くことを示したところ、その技術者から「この“何か”に化けるスーツを着てみたらどうだ?」と言われ、自身が演じることを決めたとのこと。

 彼は、そのときの状況を「まるで『ライオン・キング』のオーディションのようだった」と振り返った。ちなみにジョンは、この“何か”を演じるよりも困難だったのは、同作の主演女優でジョンの妻でもあるエミリー・ブラントを演出することだったそうだ。

 現在、同作は世界で3億3,258万ドル(約365億8,380万円)の興行収入を叩き出し、今後賞レースに絡んでくることも期待されている。(1ドル110円計算) (細木信宏/Nobuhiro Hosoki)

【関連情報】
【動画】音によって生み出される恐怖……『クワイエット・プレイス』予告編
『クワイエット・プレイス』で大出世!ジョン・クラシンスキーが語るキャストの力
全米大ヒットホラー、主演女優が母親としてのトラウマを明かす
S・キング「ペット・セマタリー」再映画化、予告編が公開!
祖母が遺したトラウマ必至の恐怖!『へレディタリー/継承』本予告編
Amazonドラマ、開始前にシーズン2決定

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気よく自分をアピールすると、好感度アップ。体育会系のノリ...もっと見る >