2018/10/22 06:15

藤竜也、蕎麦作りの修行 日中合作映画で新鋭監督とタッグ【第23回釜山国際映画祭】

日中合作映画『COMPLICITY(英題)』に出演する藤竜也 (C)クレイテプス
日中合作映画『COMPLICITY(英題)』に出演する藤竜也 (C)クレイテプス

 名優・藤竜也が中国人俳優ルー・ユーライと共演する日中合作映画『COMPLICITY(英題)』が、第23回釜山国際映画祭の「アジア映画の窓」部門に出品され、アジアプレミア上映された。実習制度を利用して日本にやってきたものの理不尽な扱いを受けたことから、他人に成りすまして山形の蕎麦屋で働き始める中国人青年と、蕎麦屋の主人の交流を描く本作で、蕎麦屋の主人・弘を演じた藤が、釜山の地でインタビューに応じた。

 近浦啓の長編監督デビュー作となる本作。藤は映画のテーマもさることながら、中国人青年チェン役がルー・ユーライだったことが、出演の決め手となったという。「近浦監督とは、短編『Empty House』(2013)で一緒に仕事をしましたが、彼がルー・ユーライ主演で短編『SIGNATURE』(2017)を撮り、この作品の続編を撮りたいと話がきて。『SIGNATURE』が面白く、特にユーライ君が実にいい。この2人がタッグを組む映画であれば、ぜひ一緒にやりたいと思った」とユーライの才能にほれ込んでいる様子だった。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

落ち着いた気分で過ごせる一日。今やっていることを振り返り、...もっと見る >