2018/10/23 10:00

ILMを訪問!VFXクリエイターが語る『ハン・ソロ』製作秘話

シリーズの醍醐味ともいえる、デジタルとアナログを織り交ぜた撮影方法は本作でも健在! (C) 2018 & TM Lucasfilm Ltd.
シリーズの醍醐味ともいえる、デジタルとアナログを織り交ぜた撮影方法は本作でも健在! (C) 2018 & TM Lucasfilm Ltd.

 映画『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』は、若き日のハン・ソロがいかに相棒のチューバッカと出会い、ミレニアム・ファルコン号を手に入れるかを描くアクションアドベンチャーだ。先日、本作のMovieNEX(ブルーレイ+DVD)の発売に合わせて、アメリカ・サンフランシスコにある『スター・ウォーズ』の聖地で、世界有数のVFX工房ILM(インダストリアル・ライト&マジック)を訪れ、本作のVFXスーパーバイザーを担当したロブ・ブレドウに、今だから話せる製作秘話を聞いた。

 現在発売中のブルーレイ、DVDには、多くのボーナス・コンテンツが収録されているが、その中でも、撮影中のメイキング映像をかなり多く見ることができる。最先端のVFXを用いることで知られるシリーズの撮影現場なら、当然本作は多くのグリーンスクリーンを使った撮影が行われていると思いきや、実は昔ながらのアナログ的な方法で撮影されていた。

 例えば、映画の冒頭、惑星コレリアでのチェイスシーンも、現場ではタイヤがついたランドスピーダーを使って、普通のカーチェイスシーンのように撮影し、後からタイヤをCGで消したことが分かる。ブレドウは、映画のクライマックスで、ファルコン号に乗ったハンたちがケッセルランを通って帝国軍から逃げるシーンでは、コクピットの中から見える宇宙空間が合成ではなく、すべて実際に窓外から見える映像だったことを明かした。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

面倒見がよくなっている今日のあなた。下の人に声をかけたり助...もっと見る >