2018/10/22 08:00

前田敦子、初のママ役&関西弁!お葬式コメディー『葬式の名人』

楽しみな共演!
楽しみな共演!

 ノーベル文学賞受賞作家・川端康成の作品を原案にした新作映画『葬式の名人』で、女優の前田敦子が初のママ役と関西弁に挑むことが明らかになった。同作に高良健吾が出演することもあわせて発表された。

 大阪を舞台に奇想天外な高校の同級生のお通夜を体験する人々を描く“お葬式コメディー”とされる本作で前田は、貧しいながらも女手ひとつで小学生の息子を育てるシングルマザーの渡辺雪子を演じる。高良は雪子の同級生で共に奇想天外なお通夜に翻弄される茨木高校の野球部顧問・豊川大輔役を務める。メガホンを取った樋口尚文監督は2人の出演について自信のコメントを発表している。

 「私はかねて女優としての前田敦子さんに心酔していましたが、いつか前田さんでマーティン・スコセッシ『アリスの恋』のようなカッコいいシングルマザーが描けたら、というかなわぬ夢を持っていました。その『まさか』が今回の『葬式の名人』で実現、前田さんは初の関西弁も味方につけて、初のママ役をもの凄い集中力で演じきってくれました。これ以上はない相手役の高良健吾さんの繊細で緻密な演技も必見です。しかもなんと世界的文豪の川端康成の小説を原案とした、コメディーありラブストーリーありファンタジーありの“世にもフシギなお通夜”に、観客の皆さんにも笑って泣いて『参列』していただきたいです」。

 撮影は川端が18歳まで過ごした大阪府茨木市の市制70周年記念事業の一環として茨木市全面協力のもと、2018年8月に茨木高校を中心に茨木市オールロケが敢行された。映画は2019年に公開予定。(編集部・海江田宗)

【関連情報】
【写真】前田敦子、第一子妊娠発表後初公の場
前田敦子、公私ともに飛躍の2018年
高良健吾、俳優が声優をやる意味考えた『夏目友人帳』参加に感慨
足にヒル…!前田敦子の動じない魅力、黒沢清監督明かす
高良健吾&行定勲監督、故郷・熊本への愛を語る
前田敦子が自分の色に悩んだ時期 ウズベキスタンで振り返る

今日の運勢

おひつじ座

全体運

周囲のノリから浮いてしまいそう。きつい一言でムードをこわさ...もっと見る >