2018/10/23 21:21

『ハロウィン』新作が記録的大ヒット!ぶっちぎりの首位デビュー【全米ボックスオフィス考】

妙にかっこいいアングルから捉えられたブギーマンことマイケル・マイヤーズ - 映画『ハロウィン(原題)』ポスタービジュアル Universal Pictures / Photofest / ゲッティ イメージズ
妙にかっこいいアングルから捉えられたブギーマンことマイケル・マイヤーズ - 映画『ハロウィン(原題)』ポスタービジュアル Universal Pictures / Photofest / ゲッティ イメージズ

 先週末(10月19日~10月21日)の全米ボックスオフィスランキングが発表され、人気ホラー映画シリーズの新作『ハロウィン(原題) / Halloween』が興行収入7,622万1,545ドル(約84億円)をたたき出し、ぶっちぎりの首位デビューを果たした。(数字は Box Office Mojo 調べ、1ドル110円計算)

 シリーズ化してリメイク版まで作られた『ハロウィン』だが、本作が描くのは傑作と名高い第1弾から直接続く物語。オリジナル版で“スクリームクイーン”として名をはせたジェイミー・リー・カーティスがローリー役でカムバックし、ローリー&娘&孫娘VS殺人鬼マイケル・マイヤーズの死闘が展開する。制作は低予算ホラーのヒット作を連発しているブラムハウス・プロダクションズで、『ボストン ストロング ~ダメな僕だから英雄になれた~』のデヴィッド・ゴードン・グリーン監督がメガホンを取った。

 本作も約1,000万ドル(約11億円)という抑えた制作費ながら、公開から3日だけでその8倍近い興収を稼ぎ出す記録的な大ヒットに。10月公開作の歴代オープニング興収ランキングでも2013年の『ゼロ・グラビティ』(興収5,578万5,112ドル・約61億円)を大幅に上回って2位となり、1位の『ヴェノム』(興行収入8,025万5,756ドル・約88億円)に肉薄した。ちなみに『ヴェノム』の製作費は、『ハロウィン(原題)』の10倍となる約1億ドル(約110億円)だ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

規則や習慣をきちんと守れば、安心して過ごせそう。目上の人を...もっと見る >