2018/10/30 15:57

注目の映画スタジオA24が放つ『バグダッド・スキャンダル』見どころとは

「A24」について熱く語り合った松崎まこと(左)と松崎健夫
「A24」について熱く語り合った松崎まこと(左)と松崎健夫

 国連の人道支援プログラムを背景に、実際に起こった巨額の汚職スキャンダルを描く映画『バグダッド・スキャンダル』の公開に合わせた試写会&トークショーが29日、都内で行われ、松崎まこと(映画活動家・放送作家)、松崎健夫(映画評論家)が出席した。二人は作品の見どころや、本作を手がけた映画界注目の気鋭スタジオ「A24」の戦略などについて、縦横に語り合った。

 本作は、元国連職員のマイケル・スーサンが、自身の体験を基に執筆した小説を原作とするポリティカルサスペンス。貧困にあえぐイラク人民を救うための人道支援計画「石油・食料交換プログラム」の裏で行われていた政治スキャンダルを描く。

 本作の見どころについて、まことは「最近の『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書 』もそうだけれど、巨大権力の不正や嘘を、時間が経ってもしっかり検証して、真相を描くのは、アメリカ映画のいい伝統ですね」と口火を切ると、健夫は「僕が注目したいのは、事実とフィクションをうまく使った演出法で、お手本のようなうまさがある」と指摘。続けて「映画の最初と最後、同じような画になりますが、これを『ブックエンド方式』の演出とか言いますね。前後に挟まれた部分は、映画の中で起こった出来事だという意味。本作は、実際の事件を扱うけれど、エンターティンメント性のあるフィクションだとも示していて、映画の基本に沿ったうまい構成ですよ」と話す。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

運気はやや不安定。いいかげんな人にふりまわされるかも。でも...もっと見る >