2018/10/28 05:00

ハンギョン、リディアン・ヴォーン、リー・ユエン共演作が公開決定!山下智久が海外初進出で悪役に

山下智久が海外初進出で悪役に (C) 2018 SIRENS PRODUCTIONS LIMITED BONA ENTERTAINMENT COMPANY LIMITED MORGAN & CHAN FILMS LIMITED
山下智久が海外初進出で悪役に (C) 2018 SIRENS PRODUCTIONS LIMITED BONA ENTERTAINMENT COMPANY LIMITED MORGAN & CHAN FILMS LIMITED

 ハンギョン、リディアン・ヴォーン、リー・ユエンら豪華アジアスターが集結した中国映画『REBORN』(原題)の邦題が『サイバー・ミッション』に決まり、2019年1月25日より全国公開されることが明らかになった。山下智久が本作で初の海外進出を果たすとともに、初めて悪役に挑む。

 本作は、オタク系ホワイトハッカーのハオミンが危険に巻き込まれながらも、サイバー犯罪を企てる悪の組織から世界を救うために、知力を尽くして立ち向かうアクション大作。劇中では、サイバー犯罪をめぐる戦いが臨場感たっぷりに描き出されていく。ハオミン役を韓国の男性アイドルグループ SUPER JUNIOR の元メンバーであるハンギョンが務め、ブラックハッカーのゼブラを台湾スターのリディアン・ヴォーン、そのパートナーである美しき犯罪者スー・イーを雑誌「Ray」のモデルとして活躍していた中国のリー・ユエンが演じる。

 そして、サイバーテロリストのボス役として、初の海外進出作品として初の悪役に挑戦する山下が出演し、アジア各国の俳優陣とともにスクリーンを彩ることに。劇中では、流ちょうな英語と中国語も披露しているとのことで、山下は「初めての悪役という新しい挑戦をしているので、ぜひいままでの僕とのギャップを楽しんでいただきたいと思っています」と期待を高めるコメントを寄せている。公開された予告映像では、その演技の一部を垣間見ることができる。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの持つ感受性が注目される日。作品づくりをしてるなら発...もっと見る >