2018/10/31 23:02

ホラー&オカルト要素が加わった「サブリナ」、主演女優が魅力を語る

19歳になった主演女優のキーナン・シプカ
19歳になった主演女優のキーナン・シプカ

 Netflixのオリジナル・ドラマ・シリーズ「サブリナ:ダーク・アドベンチャー」について、主演のキーナン・シプカが、10月5日(現地時間)、ニューヨークのジェイコブ・ジャヴィッツ・コンベンション・センターで開催されたニューヨーク・コミコンのイベントで語った。

 1996年~2003年にかけてメリッサ・ジョーン・ハート主演で放送されたアメリカのコメディーシリーズ「サブリナ」。今作は、あのドラマに新たなホラー、オカルト要素を加えて描いた青春ドラマだ。父親が魔術師で、母親が人間のハーフであるサブリナ(キーナン)は、16歳の誕生日に、魔女の世界に行くか、人間の世界にとどまるか決断を迫られる。テレビシリーズ「リバーデイル」のロベルト・アギーレ=サカサがクリエイターを務めた。

 新鮮味を出すために新たな要素が加えられた今回のシリーズについてキーナンは、「ダークな解釈で手掛けられたことで、とても撮影は楽しかったわ。コメディーシリーズ『サブリナ』と今作は全く異なっていて、決してリメイクやリブート作品ではないの。今作では、よりダークな世界に誘ってくれるわ。すでに『サブリナ』からのファンがいて、(コミコンなどでは)ファンの興奮ぶりは少しクレイジーなくらいよ(笑)。まだ配信されていない(10月5日現在)のに、ファンやコスチュームを着た人の熱量がすごくて、とても嬉しかったわ」と驚き気味に明かした。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気いっぱい。行動的になればなるほど、ツキがまわってくるの...もっと見る >