2018/10/31 07:35

「まんぷく」14歳演じる岸井ゆきのの演技に驚きの声!

岸井ゆきのが演じるタカ。特技はハーモニカ演奏 提供:NHK
岸井ゆきのが演じるタカ。特技はハーモニカ演奏 提供:NHK

 安藤サクラがヒロインを演じるNHK連続テレビ小説「まんぷく」で、14歳のタカを演じている岸井ゆきのの演技に称賛や驚きの声が集まっている。

 10月1日から放送を開始した「まんぷく」は、戦前の大阪を舞台に、福子(安藤)と実業家・立花萬平(長谷川博己)の夫婦がインスタントラーメンを発明するまでを描く波乱万丈の物語。29日放送の第5週(第25回~)からは、長く苦しい戦争がようやく終わり、疎開先にいた福子、萬平、母・鈴が大阪に帰ってきた。

 岸井が演じる香田タカは、福子の姉・克子(松下奈緒)が嫁いだ香田家の4人兄弟の長女で、福子にとっては姪にあたる人物。終戦を迎えた物語では、タカ役の子役からバトンタッチして、岸井が登場。しっかり者のタカは、妹や弟たちの面倒もよく見る家族思いの頑張り屋な性格の持ち主だ。

 愛嬌たっぷりなタカは、みんなの癒しの対象として人気者になっていく。そんな彼女だが、劇中に登場したときの年齢は14歳。岸井は1992年生まれ、現在26歳ということで、年齢差ある役どころを違和感なくふんしている岸井の演技力の高さに、視聴者からは驚きの声が集まっている。第1週では、安藤が18歳の福子を演じたことでも話題となったが、岸井の演技にも「かわいい」という称賛が続々と寄せられている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

体力アップのため毎日の運動を始めよう。体重が気になるならダ...もっと見る >