2018/11/01 23:02

ドキュメンタリー映画の巨匠フレデリック・ワイズマン監督を直撃!

ドキュメンタリー映画の巨匠、フレデリック・ワイズマン監督
ドキュメンタリー映画の巨匠、フレデリック・ワイズマン監督

 『ナショナル・ギャラリー 英国の至宝』『パリ・オペラ座のすべて』などを手掛けたドキュメンタリー映画の巨匠、フレデリック・ワイズマン監督が、新作『モンロビア、インディアナ(原題)/ Monrovia, Indiana』について、10月25日(現地時間)、ニューヨークのフィルム・フォーラムのオフィスで単独インタビューに応じた。

 本作では、人口わずか1,500人弱、そのうち98%が白人であるインディアナ州モンロビアの、雄大な土地で農業を中心に暮らす人々の日常生活、仕事、行事などを捉えながら、都市で暮らすアメリカ人との差を浮き彫りにしている。

 長年、ドキュメンタリー映画に関わり、“現代社会の観察者”として、意図的ではなく自然に捉えているそのスタイルが魅力のワイズマン監督。「1950年代の後半にテクノロジーが発展し、カメラとテープレコーダーをつなげずに撮影できるようになったり、わずかな照明での撮影もできるようになったりして、さまざまな題材を自由に捉えることができるようになったんだ。そこで世界中を探索し、日々の生活の中で悲劇、コメディー、文学などを通して、普通の人が体験する姿を捉える撮影を確立していったんだよ。テーマや構成が決まるのは編集段階でも最後の方で、それまでは個々のシークエンスを編集しているだけで、その時点では構成はあまり考えていないんだ」と驚きの製作過程を明かした。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

規則や習慣をきちんと守れば、安心して過ごせそう。目上の人を...もっと見る >