2018/11/01 05:00

笑福亭鶴瓶がモデルのキャラを本人で実写化!菅田将暉主演『アルキメデスの大戦』

究極のキャスティングが実現! (C) 2019「アルキメデスの大戦」製作委員会 (C) 三田紀房/講談社
究極のキャスティングが実現! (C) 2019「アルキメデスの大戦」製作委員会 (C) 三田紀房/講談社

 「ドラゴン桜」などで知られる三田紀房の同名コミックを実写化する映画『アルキメデスの大戦』(2019年夏公開)に、笑福亭鶴瓶が出演することが発表された。三田が鶴瓶をモデルにしたキャラクターを原作に登場させており、今回そのキャラクターを鶴瓶本人で実写化することに。造船会社社長・大里清役を務める鶴瓶は「原作者の三田先生は僕に内緒で漫画を描きはったみたいですけど、出演を聞いて凄く喜んでいたようで、僕も嬉しかったです」と喜びを語っている。

 アメリカとの開戦を視野に入れた1930年代の大日本帝国海軍を舞台に、戦艦大和建造をめぐって知略・謀略が交錯するなか、アルキメデスの再来と呼ばれる天才数学者・櫂直(かいただし)が前代未聞の頭脳戦に挑むさまを描く本作。鶴瓶ふんする造船会社「大里造船」の社長・大里清は、無用な軍需産業に異を唱え、戦艦大和の建造計画を阻止するべく櫂に協力するキーパーソンだ。

 実写化にあたり、製作陣は真っ先に鶴瓶にオファー。快諾した鶴瓶は、「漫画で出てくるそっくりのキャラクターを演じると聞いて何のこっちゃと思って読んでみたら、『そのまんまやんけ!』と驚きました! 原作だと会社も『鶴辺造船』でしたし(笑) 漫画通りやるなら、それはもう僕が一番だと思います!」とコメント。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

面倒見がよくなっている今日のあなた。下の人に声をかけたり助...もっと見る >