2018/11/02 17:39

木村佳乃、ドロドロ愛憎ドラマで“泥棒猫”のセリフに苦戦

「どういうアクセントで言えばいいのかわからなかった」という木村佳乃
「どういうアクセントで言えばいいのかわからなかった」という木村佳乃

 女優の木村佳乃が2日、六本木・テレビ朝日で行われた土曜ナイトドラマ「あなたには渡さない」(11月10日23時15分スタート)試写会イベントに登壇。修羅場連続のラブ・サスペンスに挑むにあたり「心をこめて、キャスト一同みんなで頑張っていますので、元気に明るくドロドロしたいと思います!」と意気込んだ。イベントには共演の水野美紀、田中哲司、萩原聖人も登場した。

 連城三紀彦の小説「隠れ菊」を原作にした「あなたには渡さない」は、40代の男女4名が繰り広げる愛憎劇。離婚届を手に現れた夫の愛人(水野)に、本妻(木村)が挑んでいく。劇中には強烈なインパクトを放つセリフが数多く登場する。印象に残ったセリフについて木村は「普段“泥棒猫”なんて言わないので、どういうアクセントで言えばいいのかわからなかった」と述懐。対する水野が「わたしは『ご主人をいただきにまいりました』ですね。料亭で小競り合いをしているところでこっちから口を出すと、『あんた誰や』と言われて、『ただの通りすがりの客や』と。そんなときわたしの中では『キル・ビル』のテーマが鳴り響くんです」と続くと、木村も「ウェスタンの世界ですね」と付け加えた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

運気はやや不安定。いいかげんな人にふりまわされるかも。でも...もっと見る >