2018/11/10 06:15

萩原聖人、トレンディドラマ全盛期からの揺るぎないキャリア

「あなたには渡さない」第1話より (C)テレビ朝日
「あなたには渡さない」第1話より (C)テレビ朝日

 近頃は麻雀プロリーグ戦、Mリーグに出場するなどプロの雀士としての活動も展開する萩原聖人。10日よりスタートするテレビ朝日系連続ドラマ「あなたには渡さない」(毎週土曜夜11時15分~)を前に、40代後半に突入した近年、より円熟した彼のキャリアを振り返る。出演歴をさかのぼってみると、1990年代にトレンディドラマを中心に認知度を上げつつ、初期から東陽一、崔洋一、滝田洋二郎、山田洋次ら名監督のもとで実力を磨いているのが特徴的だ。

 萩原は1987年、連続ドラマ「あぶない刑事」第32話の置き引き少年の役でテレビ初出演。1989年に『ウォータームーン』で長渕剛の弟分の少年僧役で映画デビュー。元中学総番長を演じたドラマ「はいすくーる落書2」(1990・TBS系)を皮切りに、「北の国から」シリーズの杉田成道演出による単発ドラマ「1970ぼくたちの青春」(1991・フジテレビ系)、「学校へ行こう!」(1991・フジテレビ系)、「先生のお気に入り」(1991・TBS系)などの青春モノのドラマで脚光を浴びた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

規則や習慣をきちんと守れば、安心して過ごせそう。目上の人を...もっと見る >