2018/11/12 12:00

スタローン、ロッキー人生の到達点!『クリード 炎の宿敵』に手応え

アドニスとロッキーのドラマも最高潮に! (C)2018 METRO-GOLDWYN-MAYER PICTURES INC. AND WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.
アドニスとロッキーのドラマも最高潮に! (C)2018 METRO-GOLDWYN-MAYER PICTURES INC. AND WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.

 映画『ロッキー』シリーズ新章として大ヒットを記録したボクシング映画の続編『クリード 炎の宿敵』で、再びロッキーを演じたシルヴェスター・スタローンが、42年にわたって演じ続けた当たり役について「やっとうまくやれた」と自信をのぞかせた

 かつてマットに沈んだ親友アポロ・クリードの息子アドニス(マイケル・B・ジョーダン))のトレーナーとなったロッキーが、再びボクシング界にカムバックする姿を描いた前作。今回の続編では、『ロッキー4/炎の友情』(1985)でアポロの命を奪った旧ソ連ボクサー、ドラゴが再登場。息子のヴィクターを伴い、アドニスに挑戦状をたたきつける。

 「僕とドラゴのストーリーは、基本的にもう埋葬されたものだと思っていた。でも、それは彼の息子に引き継がれていた。そして今、彼らは復讐することで報われる気がしている。それは、僕たちがとても考えたことだよ。『お前は本当に、父親の責任やレガシーを背負わないといけないのか? 父親を超えるためにやっているのか? 世間の評判のためにやっているのか? 彼に復讐をして、報われたと思いたいからやっているのか?』と、単に戦うことだけではなく更に広いテーマを描いている」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

周囲のノリから浮いてしまいそう。きつい一言でムードをこわさ...もっと見る >