2018/11/13 22:15

35年に渡りイランと日本映画を結んだ女性プロデューサーの貢献!

ニューヨークの日本人コミュニティーを舞台にしたラブストーリー。映画『Maki マキ』より
ニューヨークの日本人コミュニティーを舞台にしたラブストーリー。映画『Maki マキ』より

 イラン出身日本在住のショーレ・ゴルパリアンさんがプロデュースを務めた、イラン出身ナグメ・シルハン監督の日本・アメリカ合作映画『Maki マキ』が11月17日に公開される。ショーレさんはアッバス・キアロスタミ監督『ライク・サムワン・イン・ラブ』(2012)の日本ロケを実現させるなど約35年に渡って日本とイランの架け橋を担い、その活動が讃えられ今夏には平成30年度外務大臣表彰を受賞した。ショーレさんの足跡を振り返りつつ、改めて両国の映画史を振り返る。

 外務大臣表彰は、日本と諸外国の友好親善関係に多大な貢献をした個人・団体を讃えるもので、本年度は元大相撲の把瑠都など205個人と49団体が授与した。ショーレさんは、モフセン・マフマルバフ監督『サイクリスト』(1989)の字幕監修を皮切りに、イラン・日本合作『風の絨毯』(2002)やアミール・ナデリ監督『CUT』(2011)の制作、『沈まぬ太陽』(2009)のイラン・ロケのコーディネーターなど多数の作品に携わっており、その貢献度は計り知れない。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

新しい人間関係が広がる日。趣味の習い事や勉強会がキッカケで...もっと見る >