2018/11/17 09:05

ジョン・レノン射殺犯のチャップマン受刑者「発砲前に葛藤あった」

11月15日、ジョン・レノンさんを射殺した罪で服役しているマーク・チャップマン受刑者(63、写真)が8月22日の審理で、引き金を引く前に葛藤があったと話したことが分かった。1月撮影。提供写真 (2018年 ロイター/New York State Department of Corrections and Community Supervision)
11月15日、ジョン・レノンさんを射殺した罪で服役しているマーク・チャップマン受刑者(63、写真)が8月22日の審理で、引き金を引く前に葛藤があったと話したことが分かった。1月撮影。提供写真 (2018年 ロイター/New York State Department of Corrections and Community Supervision)

[ニューヨーク 15日 ロイター] - ジョン・レノンさんを射殺した罪で服役しているマーク・チャップマン受刑者(63)が8月22日の審理で、引き金を引く前に葛藤があったと話したことが分かった。

 米ニューヨーク州刑務所当局が15日公表した記録によると、10回目となった仮釈放申請に関する審理で同受刑者は「私は度を越していた」と証言した。この申請は却下されている。

 チャップマン受刑者は1980年12月8日午後、レノンさんがマンハッタンの自宅ダコタ・ハウスからレコーディングへ向かおうとしていたところを呼び止め、持っていたアルバムジャケットにサインを求めた。同受刑者は当時25歳で、眼鏡をかけ、ずんぐりとした姿の逮捕写真が残っている。

 当時よりやせ、白髪になった同受刑者は審理で「『今、アルバムを持っているじゃないか。これを見ろ、彼がサインをしてくれたら、家に帰ろう』と考えたことはよく覚えている。だが、私がただ家に帰るはずはなかった」と発言したという。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

新しい人間関係が広がる日。趣味の習い事や勉強会がキッカケで...もっと見る >