2018/11/19 08:00

佐藤健「幕末まらそん侍」映画化で英国監督とタッグ 小松菜奈、森山未來、染谷将太らと共演

映画『サムライマラソン』のキャストたち(上段:佐藤健、小松菜奈、森山未來、染谷将太、下段:青木崇高、竹中直人、豊川悦司、長谷川博己) (C)”SAMURAI MARATHON 1855”FILM Partners GAGA.NE.JP/SAMURAIMARATHON
映画『サムライマラソン』のキャストたち(上段:佐藤健、小松菜奈、森山未來、染谷将太、下段:青木崇高、竹中直人、豊川悦司、長谷川博己) (C)”SAMURAI MARATHON 1855”FILM Partners GAGA.NE.JP/SAMURAIMARATHON

 俳優の佐藤健が、日本のマラソンの発祥とされる史実・安政遠足(あんせいとおあし)に基づく土橋章宏の小説を映画化する『サムライマラソン』(2019年2月22日公開)で主演を務めることが19日、明らかになった。佐藤が演じるのは、幕府のスパイとして藩に潜入する忍びという裏の顔を持つ侍。共演に小松菜奈、森山未來、染谷将太、青木崇高、竹中直人、豊川悦司、長谷川博己ら。映画『キャンディマン』『不滅の恋/ベートーヴェン』などのイギリス人監督バーナーズ・ローズがメガホンをとる。

 2014年に出版された土橋の小説「幕末まらそん侍」に基づく本作。舞台は幕末。安中藩主・板倉勝明(いたくら・かつあきら)が、外国の脅威に備えるために、十五里(約58キロ)の山道を走る遠足を開催。しかし、これが行き違いにより幕府への反逆とみなされ、藩士不在の城に安中藩とり潰しを狙う刺客が送り込まれる。

 佐藤演じる・唐沢甚内(からさわ・じんない)は、遠足参加中、藩に迫る危機をいち早く察知する役どころ。藩主の娘・雪姫に小松、藩の重役の息子で野心あふれる侍・辻村平九郎(つじむら・へいくろう)に森山未來、侍に憧れる足軽・上杉広之進(うえすぎ・ひろのしん)に染谷将太、唐沢の上司・植木義邦(うえき・よしくに)に青木崇高、隠居を言い渡された老侍・栗田又衛門(くりた・またえもん)に竹中直人。安中藩に刺客を放つ幕府大老・五百鬼祐虎(いおき・すけとら)に豊川悦司、藩主・板倉勝明に長谷川博己がふんする。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

運気はやや不安定。いいかげんな人にふりまわされるかも。でも...もっと見る >