2018/11/18 18:26

大泉洋、声の演技へのこだわり「慣れない方がいい」

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンで行われたイベントに“ベイビーグリンチ”の手を引いて登場した大泉洋
ユニバーサル・スタジオ・ジャパンで行われたイベントに“ベイビーグリンチ”の手を引いて登場した大泉洋

 『ミニオンズ』で知られるイルミネーション・エンターテインメントの新作アニメーション映画『グリンチ』で、主人公グリンチの日本語吹き替え声優を務めた俳優の大泉洋が取材に応じ、声の演技へのこだわりを語った。

 『千と千尋の神隠し』の番台蛙、『ハウルの動く城』のかかしのカブ、『バケモノの子』の多々良、『映画 レイトン教授と永遠の歌姫』のレイトン教授、『ブレイブ ストーリー』のキ・キーマ、『映画ドラえもん のび太の宝島』のキャプテン・シルバーなど、声の演技の経験も豊富な大泉。しかし、今でも慣れることはなく、逆に「そこまで慣れないようにした方がいいのかな」とも感じているという。

 大泉は「ものすごく数をこなしてらっしゃる声優さんたちのようには何度やってもなれないと言いますか、難しいです。それと同時に、僕が求められているのは、プロの声優さんのようなことではないのかな? という気もしているんです」と真摯に分析。今回のグリンチ役においてもそのバランスが重要だったようで、「僕としてはせっかく観てもらうんだから、あんまり“大泉洋”がちらついちゃうと申し訳ないなという思いもあったのですが、案外、監督からは『大泉さんらしさも出してほしい』という要望もあって、その折り合いをつけるキャラクターというのが難しかったです。こんな感じで行こうかなというのに落ち着くまでに、少し時間がかかったように思います」と振り返った。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

批判精神が旺盛。問題を解決する力は強いけれど、言葉がきつく...もっと見る >