2018/11/20 05:00

佐藤浩市&渡辺謙『Fukushima 50』製作決定 福島原発事故に立ち向かった男たち

佐藤浩市(右)&渡辺謙が原発事故に立ち向かった職員に
佐藤浩市(右)&渡辺謙が原発事故に立ち向かった職員に

 俳優の佐藤浩市と渡辺謙が、福島第一原発事故を描く新作映画『Fukushima 50』に出演することが決定した。門田隆将のノンフィクション小説を、『空母いぶき』『沈まぬ太陽』などの若松節朗監督が映画化する。

 タイトルの“Fukushima 50(フクシマ・フィフティー)”は、海外メディアによる、原発事故以降も現場に残り続けた50名の作業員の呼称。原作「死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発」(角川文庫刊)は、90人以上の関係者の取材に基づき、未曾有の大事故に際して、現場で戦った彼らの真実に迫るノンフィクションである。

 佐藤は、福島第一原発1・2号の機当直長である伊崎利夫を演じる。地元・福島出身の熱血漢である伊崎は、現場で起こる不測の事態に対して厳しい決断を迫られることになる。また、渡辺が演じるのは、福島第一原発所長の吉田昌郎。同い年の部下・伊崎と共に一心同体でやってきた吉田は、現場の指揮を取りながら本社への情報伝達に奔走する。2013年公開の『許されざる者』以来の共演となる二人が、死と隣り合わせで戦い続けた作業員をどのように演じるのか注目だ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

運気はやや不安定。いいかげんな人にふりまわされるかも。でも...もっと見る >