2018/11/21 17:45

有村架純、厳しかった家族のルール明かす

家族のルールを明かした有村架純
家族のルールを明かした有村架純

 女優の有村架純が21日、都内で行われた映画『かぞくいろ−RAILWAYS わたしたちの出発−』公開直前かぞく試写会に國村隼、三浦友和とともに出席。家族のきずなをテーマにした同作にちなんで、育った家族のルールを聞かれた有村は「とにかく丁寧な言葉を使いなさいと言われていました」と振り返った。

 同作は、人生を鉄道になぞらえて描く映画『RAILWAYS』シリーズ最新作。鹿児島県から熊本県までを結ぶ「薩摩おれんじ鉄道」をモチーフに、愛する人を失った3人の家族の再出発を描き出す。有村が演じたシングルマザーの晶は、急死した夫(青木崇高)の故郷でその連れ子(歸山竜成)と夫の父親・節夫(國村)と共同生活を送りながら、夫の夢でもあった鉄道運転士を目指すことになる。

 この日、映画にちなんで家族のルールを聞かれた有村は、実家にいた頃を振り返って「行儀が悪かったり口が悪かったりすると怒られるし、とにかく丁寧な言葉を使いなさいとは言われていました」と紹介。兵庫県出身ということもあり「~やんな」を「~やんね」するなど、関西弁ならではの丁寧な言葉づかいも意識していたという。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの考え方をハッキリ示そう。共鳴してくれる人が現れそう...もっと見る >