2018/11/23 23:07

ホグワーツの戦いでマルフォイがハリーを助けるバージョンあった…『死の秘宝』監督が振り返る

みんな大好きフォイ Warner Bros. Pictures / Photofest / ゲッティ イメージズ
みんな大好きフォイ Warner Bros. Pictures / Photofest / ゲッティ イメージズ

 ハリー・ポッター魔法ワールド最新作『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』でメガホンを取ったデヴィッド・イェーツ監督が電話インタビューに応じ、『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2』の裏話を明かした。

 ハリー・ポッター魔法ワールドシリーズを『死の秘宝 PART2』を含め6作手掛けているイェーツ監督。『死の秘宝 PART2』で描かれたハリーたちとヴォルデモートの最終決戦である“ホグワーツの戦い”では、ホグワーツ入学以来、ハリーと敵対してきたマルフォイの印象を180度変える未公開シーンが存在しており、マルフォイファンのお気に入りとなっている。

 本編ではハリーが死んだと思われた後、マルフォイは両親がいるヴォルデモート陣営に行ってしまったが、その未公開シーンでは、マルフォイがヴォルデモートの目の前でハリーのもとに駆け戻って杖を投げてよこし、ヴォルデモートを倒す手助けをするのだ。

 イェーツ監督は「僕はクールだと思った。人は、誰もに償いのチャンスを与えたいと思うもの。それは人が生まれ持った本能だと思う」と同シーンを撮影した理由を説明。結局はキャラが変わりすぎではないか、とカットされることになったが、ある意味生まれによって悪の道を進まざるを得なかったマルフォイのことも、製作陣が大切に思っていたことを示すエピソードと言えそうだ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

運気はやや不安定。いいかげんな人にふりまわされるかも。でも...もっと見る >