2018/11/25 06:00

ガンダム生みの親から『ガンダムNT(ナラティブ)』若手への言葉

吉沢俊一監督と小形尚弘プロデューサー
吉沢俊一監督と小形尚弘プロデューサー

 人気アニメ『機動戦士ガンダム』シリーズの新作映画『機動戦士ガンダムNT(ナラティブ)』を手掛けた吉沢俊一監督と、プロデューサーを務める小形尚弘が、新世代を担う新作への思いと、シリーズの“生みの親”とのエピソードを語った。

 本作は、1979年に誕生したシリーズ1作目「機動戦士ガンダム」から続く世界観・宇宙世紀(U.C.)サーガの最新作。作家・福井晴敏原作のアニメ「機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)」(2010~2016)から1年後の世界を舞台に、金色のモビルスーツ「ユニコーンガンダム3号機」“フェネクス”をめぐる戦いが、福井自身のニュータイプ論を交えて描かれる。

 「宇宙世紀」の新たな100年の歴史を描くプロジェクト「UC NexT 0100」のスタートを飾る重要な一本でもあり、小形プロデューサーは中心スタッフに若手を数多く起用。吉沢監督も、39歳にして本作が初監督作品となった。

 吉沢監督は「ガンダム」の生みの親でもある富野由悠季が総監督を担当した「ガンダム Gのレコンギスタ」などで演出を担当。小形プロデューサーは「吉沢さんは、リズムというか、非常に演出のテンポがいい。それに富野さんの下で“富野光線”をいっぱい浴びているので(笑)、富野さんの成分を注入しながらも、世代交代を担える存在です」と語る。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

自分の価値観を通したいあまり、孤立しそうな今日のあなた。ガ...もっと見る >