2018/11/25 10:28

ほぼ下ネタ野沢直子初監督作から加藤雅也&飯島直子の実験的映画も!幻のショートフィルムが味わい深いブルーバード映画祭

 大分県別府市で23日より開催されている第2回Beppu ブルーバード映画祭で上映されているショートフィルムセレクションが斬新で毎回満席に近い観客が席を埋めている。(編集部:下村麻美)

 同映画祭は、1949年に開業した大分県別府市にある別府ブルーバード劇場の館長で今年87歳の岡村照館長の功績をたたえるもの。JR別府駅近くにあるこの映画館は地元の多くの人に愛され、子供からお年寄りまで広い層の観客が訪れる。そのため映画祭のラインナップもバラエティーに富んでおり、大島渚監督の『少年』、津田寛治の主演『名前』、真木よう子の『焼肉ドラゴン』、本映画祭でプレミア上映される室賀厚監督『デリバリー』をはじめユニークだ。なかでも秀逸なのがショートフィルム・セレクション。

 通常ショート・フィルムの上映会というと一部の映画好きやマニアが席を埋めるが、このブルーバード映画祭に限っては、半分以上が地元の幅広い年齢層の観客だ。しかも、ゲストの来場も手伝ってか毎回満席に近い。10分から20分の映像の中では笑いや感嘆の声があがる。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

日頃のストレスが出やすい日。今日はマッサージなどで身体を休...もっと見る >