2018/11/30 22:25

人は若き日の恋愛に影響される…ダンブルドア&グリンデルバルドの関係をジュード・ロウが語る

ジュード・ロウ演じるダンブルドアとジョニー・デップ演じるグリンデルバルド (c) 2018 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved. Harry Potter and Fantastic Beasts Publishing Rights (c) J.K.R.
ジュード・ロウ演じるダンブルドアとジョニー・デップ演じるグリンデルバルド (c) 2018 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved. Harry Potter and Fantastic Beasts Publishing Rights (c) J.K.R.

 ハリー・ポッター魔法ワールド最新作『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』でダンブルドアを演じたジュード・ロウが来日時にインタビューに応じ、世界を脅かす“黒い魔法使い”グリンデルバルド(ジョニー・デップ)と、ダンブルドアの複雑な関係について切々と語った。

 原作者のJ・K・ローリングは「ハリポタ」シリーズ最終章を発表した2007年に、ダンブルドアについては常にゲイだと考えて執筆しており、彼はまだ若者だった頃、グリンデルバルドに恋していたと明言。小説などでは、ダンブルドアとグリンデルバルドは親友だったがグリンデルバルドが闇の魔術に傾倒し、最終的には決闘することになった……という過去が語られていた。

 ローリングが脚本を執筆した本作にも、かつてのグリンデルバルドと自身の関係についてダンブルドアが「兄弟以上だった」と語るシーンや、見る者の心の奥底にある願望を映し出す「みぞの鏡」をダンブルドアがのぞくとグリンデルバルドが映るシーンなどがあり、それらはとても繊細でエモーショナルだ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

いつもの仲間に囲まれて落着いて過ごせる日。共通の目標をもつ...もっと見る >