2018/11/29 20:07

志尊淳、ブレイクの1年振り返る「責任を痛感」

ブレイク俳優として大忙しだった志尊淳
ブレイク俳優として大忙しだった志尊淳

 俳優の志尊淳が29日、都内で行われた映画『走れ!T校バスケット部』の応援上映舞台あいさつに出席し、「責任を痛感することが多かった。これからも初心を忘れず、自分にできる限りのことを懸命にやっていきたい」と笑顔でブレイク俳優として活躍が続いた1年を振り返った。

 松崎洋の人気小説を映画化した同作は、主人公の田所陽一(志尊)ら弱小バスケットボール部のメンバーの成長を通して、悩みや葛藤、仲間との絆、家族の思いなどを描き出す青春ストーリー。公開から1か月が過ぎ、主演の志尊がSNSなどでのファンのリクエストに応えるかたちで「作品を観て応援してくれたファンへの感謝の意味も込めて、応援上映をしたい!」と関係者に懇願し、今回の応援上映会が実現した。

 登壇した志尊は「せっかくの機会ですし、ここでぜひストレスを発散してほしい」とファンに呼び掛け。「バスケの映画なので、試合中の掛け声は当たり前。観に来てくれた人はT校の部員の一人だと思っているんで『T校、ファイオー!』の掛け声を一緒にやってほしい」と自ら声の出し方だなどを指南した。途中、客席にダメ出しをするなどユーモアたっぷりの指導で会場を沸かせていた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの考え方をハッキリ示そう。共鳴してくれる人が現れそう...もっと見る >