2018/11/29 07:00

前田敦子主演の日本ウズベキスタン合作映画、加瀬亮、染谷将太、柄本時生ら新キャスト発表

『旅のおわり世界のはじまり』ティザーポスター (C)2019「旅のおわり世界のはじまり」製作委員会/UZBEKKINO
『旅のおわり世界のはじまり』ティザーポスター (C)2019「旅のおわり世界のはじまり」製作委員会/UZBEKKINO

 女優の前田敦子が黒沢清監督と『Seventh Code セブンス・コード』『散歩する侵略者』に続いて3度目のタッグを組んだ日本ウズベキスタン合作映画『旅のおわり世界のはじまり』(2019年初夏公開)の特報が公開。加瀬亮、染谷将太、柄本時生、そしてウズベキスタンの国民的スター、アディズ・ラジャボフの出演が発表された。

 黒沢監督のオリジナル脚本により、ウズベキスタンで1か月にわたって全編撮影された本作は、テレビ番組の撮影で、伝説の怪魚を探すためクルーとともにウズベキスタンを訪れたリポーターの葉子(前田)の成長を描くもの。公開された特報は、前田らが演じるクルーが風光明媚なウズベキスタンの地を駆け巡る姿を捉えた、躍動感あふれる映像。「約束が違うじゃないですか!」と疾走する葉子の必死な姿も見られる。

 新キャストとして発表されたのは、カメラマン・岩尾役の加瀬亮、ディレクター・吉岡役の染谷将太、AD佐々木役の柄本時生。加瀬はドラマ「学校の怪談 物の怪(け)スペシャル」の「花子さん」、映画『アカルイミライ』『叫』、ドラマ「贖罪」などで、染谷は映画『リアル~完全なる首長竜の日~』、ドラマ「予兆 散歩する侵略者」などで黒沢監督と組んでおり、柄本は初参加。“ブス会”(池松壮亮、柄本時生、高畑充希、前田敦子)などで親交の深い、前田と柄本の再共演にも期待が高まる。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

積極的に人の輪に飛び込もう。ぶつかることがあっても、反省の...もっと見る >