2018/11/30 09:05

『スター・ウォーズ』が子供向け短編アニメに!予告編に過去作の名場面再現

子供でも楽しめる『スター・ウォーズ』作品が誕生!(YouTube「スター・ウォーズ・ギャラクシー・オブ・アドベンチャーズ(原題)」予告編のスクリーンショット)
子供でも楽しめる『スター・ウォーズ』作品が誕生!(YouTube「スター・ウォーズ・ギャラクシー・オブ・アドベンチャーズ(原題)」予告編のスクリーンショット)

 映画『スター・ウォーズ』の新作短編アニメーション「スター・ウォーズ・ギャラクシー・オブ・アドベンチャーズ(原題) / Star Wars Galaxy of Adventures」の予告編が、現地時間28日、Star Wars Kids 公式YouTubeチャンネルで公開された。

 本作は『スター・ウォーズ』シリーズをベースに、子供向けの短編アニメーション作品として制作されたもの。予告編では旧三部作(『新たなる希望』から『ジェダイの帰還』まで)の名シーンや、『スター・ウォーズ エピソードII/クローンの攻撃』で繰り広げられたヨーダとドゥークー伯爵のバトルが収録されているほか、ルーク・スカイウォーカー、ハン・ソロ、レイア姫などの人気キャラクターも登場する。

 ルーカスフィルムのフランチャイズコンテンツ及び戦略担当のジェームズ・ウォーは「我々は『ギャラクシー・オブ・アドベンチャーズ』を制作することで、両親が子供たちを壮大な世界観に引き込むきっかけを作りたかった」と StarWars.com に語っている。またジェームズは、以前から子供を持つ友人から「『スター・ウォーズ』を子供に紹介したいのに、年齢的にまだ観せることができない」という意見をもらっていたことも明かしており、子供向けコンテンツを制作することで、どの世代にも『スター・ウォーズ』を楽しんでもらいたいという狙いが見受けられる。

 アニメは、11月30日より6エピソードがウェブサイト「StarWarsKids.com」とYouTubeチャンネル「Star Wars Kids」で公開され、今後も追加エピソードが配信予定。さらに、米ハズブロ社が手掛ける同作の関連玩具が12月1日より米ウォルマートで先行販売され、2019年1月に全米で一般販売を予定している。(編集部・倉本拓弥)

【関連情報】
【動画】アニメ「スター・ウォーズ・ギャラクシー・オブ・アドベンチャーズ(原題)」予告編(英語)
「スター・ウォーズ:クローン・ウォーズ」新作が製作決定!
『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』前日譚がドラマシリーズ化!ディズニーが発表
HIKAKIN『シュガー・ラッシュ』新作でストームトルーパー声優に決定!
ディズニー『スター・ウォーズ』ランド、ジョン・ウィリアムズが音楽担当!
『スター・ウォーズ』をハイペースで作り過ぎたのは間違いだった…ディズニー会長認める

今日の運勢

おひつじ座

全体運

現実離れした言動をしがちな今日のあなた。プライベートと仕事...もっと見る >