2018/12/04 07:15

小松菜奈『渇き。』から5年 中島哲也監督のスパルタ指導に感謝

 新作『来る』で演じるのは、若夫婦(妻夫木聡・黒木華)から相談を受け、オカルトライターの野崎(岡田准一)とともに正体不明の脅威と対峙する霊媒師・真琴。心待ちにした監督との再タッグを喜びながらも「キャバ嬢の霊媒師」というキャラクターに戸惑いも。「正直、“キャバ嬢の霊媒師なんているの?”と驚きましたし、想像もつかなくて。ただ、見た目は髪がピンクでぶっ飛んではいるけど、中身は正義感、母性あふれる女の子、というギャップに惹かれ、ぜひやらせていただきたいと思いました」。このキャラクターを演じるために、小松は人生で初めてショートに。全身に傷、タトゥーのメイクを施すために約4時間を費やした。

 今回、監督が小松に対して特にこだわったのが目の演技。苦戦するも、監督の要求に応えようと模索するうちに作品の理解を深めていった。「『もっと目を強く』『もっと目を見開いて』とよく言われました。『真琴は弱いだけじゃない。“あれ”が来るときに突き進もうとする感じと、不安で戸惑っている感じ。戦うときにもいろんな感情があると思うから』と。そう演出を受けるうちに、“あれ”の正体というのは人間の弱さで、それぞれが自分の弱さと戦っていく物語なのかなというふうに思えてきました」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

優しさにあふれた今日のあなた。弱者に対する深い思いやりがあ...もっと見る >