2018/12/04 22:30

岡田健史、中学生から高校生へ 変身術明かす

「中学聖日記」第9話より (C)TBS
「中学聖日記」第9話より (C)TBS

 連続ドラマ「中学聖日記」(TBS系、毎週火曜夜10時~)で有村架純と共演する俳優・岡田健史が、11月末、TBS本社で行われた記者会見に出席。第7話(11月20日放送)で末永聖(すえなが・ひじり/有村)と再会した黒岩晶(くろいわ・あきら/岡田)について、空白の3年間の成長や変化をどのように演じ分けたのか、振り返った。(※一部ネタバレあり、第8話までのストーリーに触れています)

 かわかみじゅんこの同名漫画に基づき、婚約者のいる中学校教師・聖と、10歳下の教え子・晶の、許されぬ恋の顛末を描く本作。第6話からは、引き離された聖と晶の3年後(2018年)のストーリーが展開。中学を辞した聖は、婚約者の勝太郎(町田啓太)とも別れ、先輩の千鶴(友近)の協力で小学校教師に。一方、15歳だった晶も母・愛子(夏川結衣)の元を離れ、県内一の進学校に通う18歳の高校生に成長した姿で登場。その姿が映し出されると視聴者から「かっこいい!」とネット上で大きな反響を呼んだ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

自分の価値観を通したいあまり、孤立しそうな今日のあなた。ガ...もっと見る >