2018/12/05 05:15

ひき逃げ事件に翻弄される7人の心の物語…水谷豊の監督第2作『轢き逃げ 最高の最悪な日』来年5月公開

映画のタイトル・ストーリー・キャスト・公開日が明らかに。
映画のタイトル・ストーリー・キャスト・公開日が明らかに。

 俳優・水谷豊が監督・脚本・出演の三役を務める映画が、ひき逃げ事件に関係する7人の心の軌跡を描く物語であることが明らかになった。タイトルは『轢き逃げ 最高の最悪な日』。2019年5月10日から公開されることも決まり、キャストも発表され、初映像となる特報も公開された。

 水谷の映画監督2作目で初めて脚本にも挑戦した『轢き逃げ 最高の最悪な日』は、轢き逃げの真相や犯人を捜す事件ドラマではなく、否応なく運命に巻き込まれ、翻弄される7人の登場人物たちの人間ドラマ。水谷監督は脚本を執筆するにあたり「人間の奥底には自分でも分からない感情が潜んでいる」という点に着目し、轢き逃げ事件を発端とした人間模様を描くストーリーへと発想を膨らませたという。

 一人の女性が命を落とす轢き逃げ事件。物語の鍵を握る加害者・秀一と輝を、オーディションで抜てきされた中山麻聖と石田法嗣が演じ、秀一の妻・早苗役に小林涼子、事件を追う若手刑事・前田役に毎熊克哉がふんする。被害者の父・時山は水谷自らが演じ、その妻・千鶴子役には、水谷とは旧知の間柄で水谷組初参戦となる檀ふみ。ベテラン刑事・柳役には、水谷の初監督作『TAP -THE LAST SHOW-』に引き続き出演する盟友・岸部一徳がキャスティングされた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ネットワークが大きく広がりそう。趣味の集まりやサークル活動...もっと見る >