2018/12/06 22:32

俳優の原点は『メリー・ポピンズ』!?ベン・ウィショーが明かす

人気シリーズへの出演が相次ぐ演技派俳優ベン・ウィショー
人気シリーズへの出演が相次ぐ演技派俳優ベン・ウィショー

 映画『パフューム ある人殺しの物語』や『007』シリーズでおなじみの演技派俳優ベン・ウィショーが、新作『メリー・ポピンズ リターンズ』(2019年2月1日 日本公開)について、12月3日(現地時間)、ニューヨークのAOL開催イベントで語った。

 アカデミー賞の5部門で受賞した名作『メリー・ポピンズ』のおよそ半世紀ぶりとなる続編。前作から約20年後の大恐慌時代のロンドン。バンクス家のジェーン(エミリー・モーティマー)とマイケル(ベン)は大人になり、マイケルは父や祖父が勤めたロンドンの銀行で働いていた。3人の子供を抱えるマイケルは、妻が他界し、不況で家を失う危機に追い込まれるが、メリー・ポピンズ(エミリー・ブラント)が以前と変わらぬ姿で家族の前に現れる。映画『シカゴ』『イントゥ・ザ・ウッズ』のロブ・マーシャルが監督を務めた。

 『007』シリーズ、『パディントン』シリーズ、そして今作と、観客の期待が高い作品の続編に次々と出演しているベン。プレッシャーについては「自分の本能的な部分を信じて、(プレッシャーを受ける環境に置かれている)自分に無関心でなければいけない」と切り離して考えるようにしていると話す。「これは映画だけではなく、舞台でも言えることで、これまで多くの優れた俳優が演じてきた有名な役柄を演じるときも同じなんだ。舞台や映画では、そういったプレッシャーの中で演じ慣れていかなければならない。つまり、周りの雑音を取り払って、頭で考えないようにするんだ」と彼なりのアプローチの仕方を語った。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

積極的に人の輪に飛び込もう。ぶつかることがあっても、反省の...もっと見る >