2018/12/10 09:10

ジャーニーのフロントマンを描く映画が始動!

パフォーマンス中のアーネル・ピネダ Jeff Kravitz / FilmMagic / Getty Images
パフォーマンス中のアーネル・ピネダ Jeff Kravitz / FilmMagic / Getty Images

 映画『クレイジー・リッチ!』で大成功を収めたジョン・M・チュウ監督が、バンド、ジャーニーのフロントマン、アーネル・ピネダの伝記映画でメガホンを取ることが決定したとDeadlineなどが報じた。

 ホームレスだったフィリピン人のピネダがYouTubeに自身が歌っている映像を載せたところ、ジャーニーの共同設立者ニール・ショーンが、映像から元メンバーのスティーヴ・ペリーの歌い方を真似できると判断して、フロントマンとして雇った実話を描くストーリー。『きっと、星のせいじゃない。』『メイズ・ランナー』シリーズのマーティ・ボーウェンの制作会社テンプル・ヒルが製作を担当し、ワーナー・ブラザースのもと企画しており、これから脚本家を雇う予定。

 現在ワーナー・ブラザースは、2012年に製作されたジャーニーのドキュメンタリー映画『ジャーニー/ドント・ストップ・ビリーヴィン』の版権を獲得し、ジャーニーのほとんどの楽曲を書いたペリーとショーンから楽曲の版権を獲得するために交渉しているようだ。

 今のところ、キャスト陣は誰も決まっていない。(細木信宏/Nobuhiro Hosoki)

【関連情報】
【写真】ジャーニーのドキュメンタリー映画『ジャーニー/ドント・ストップ・ビリーヴィン』
まるで本物のフレディ!『ボヘミアン・ラプソディ』で歌声が使われたシンガーが話題
『ボヘミアン・ラプソディ』カットされた日本公演シーンの写真が公開!
タロン・エガートンがエルトン・ジョン役!『ロケットマン』初予告が公開
夜の駐車場にレディー・ガガの美声!『アリー/スター誕生』本編映像公開
タイ洞窟での救出劇、ジョン・M・チュウ監督が映画化

今日の運勢

おひつじ座

全体運

積極的に人の輪に飛び込もう。ぶつかることがあっても、反省の...もっと見る >